【仮想通貨初心者完全ガイド】仮想通貨の買い方や売り方、始めるのに必要なものは?

仮想通貨の売買に関する「実践」に重点を置いて解説を進めていきます。」ビットコインの使い方はとても簡単です。

現金を「入金する」「出金する」、ビットコインを「売る」「買う」、ビットコインを「送る」「受け取る」の6つの操作がわかれば、いますぐはじめることができます

これだけ価格変動が激しいのは、ビットコインに対する「期待」と「不安」が高まっている証拠です。

そして、これだけボラティリティ(変動幅の比率)が高いということは、投資対象としては、リスクはそれなりにあるものの、その分、魅力も大きいということになります。あらゆる投資の基本は、安く買って高く売ることだからです。

このように、仮想通貨のビットコインはいまやブームの様相を呈しています。 これから、ビットコインはどんなものか、どんなときに使えるのか、くわしく解説していきますが、

お金の価値は、使ってみてはじめて実感できるものです。

仮想通貨を始めるには?口座開設方法

ここでは仮想通貨であるビットコインをはじめとした暗号通貨の口座開設方法をお伝えしていきます。

聞きなれない「仮想通貨」「ビットコイン」という言葉が出てくるだけでむずかしそうと感じてしまうかもしれまんが、基本的に銀行口座の開設と変わりません。

ですので、あまり深刻に考えずに1つ1つ順番に手順をこなしていけば大丈夫です。

以下は「coin check(コインチェック)」という取引所の口座開設の例です。それぞれの取引所によって若干の差はあるものの、基本的な身分証明などの部分は一緒です。

手続きの流れだけでも頭に入れておくと、その他の取引所での開設も簡単かもしれません。

全体的な流れはこちらです。

  1. 写真入り身分証を用意
  2. サイトにてメールアドレスの登録
  3. 折り返しメールをクリックして本人確認へ
  4. 登録完了メール受信。登録完了書類が後日郵送で届く

それでは細かく解説していきましょう。

①写真入り身分証明書と、証明書と一緒に写った本人写真の提出が必要

ビットコインの取引を行うには、本人確認書類の提出が必要です(マネーロンダリングなどの不正利用を防ぐためです)

②コインチェックのウェブサイトにアクセスすると、メールアドレスの登録が求められます。

スマホの人は、Google PlayストアやiPhoneのApp Storeからコインチェックのアプリをインストールしてください。

③メアドを登録すると、折り返し確認メールが届くので、それをクリックして本人確認画面にアクセスします。

フェイスブックのアカウントを持っている人は、フェイスブックで登録することができますが、実際に取引をはじめるには、本人確認書類の提出が必要です。 本人確認画面では、住所・氏名・生年月日など、必要事項を入力のうえ、運転免許証やパスポートなど、本人写真入りの身分証明書の画像(免許証の場合は、住所変更の有無を確認するため裏面の画像も)と、提出された身分証と本人が一緒に写っている写真(写真入りの面を表に向けた免許証やパスポートを手に持った自撮り写真)を画面上の指示に従ってアップロードします。スマホの場合は、その場で自撮りして、それらの写真を送ることができます。

④完了メール、確認書類が郵送で届く

登録後しばらくすると、「本人確認終了」のメールが届きます。さらに数日後、住所確認のための書類が簡易書留で登録住所に送られてきます。それを受け取り、登録住所が間違いないことが確認できたら、登録完了です。

これでビットコインの取引をはじめることができます。

いかがでしょうか?基本的にネット銀行や通常の銀行等の手続きとさほど変わらないと思います。

仮想通貨の購入に必要不可欠、主な取引所一覧

ビットコインの場合、いつでも交換可能な「場」を提供するのが、ビットコイン取引所です。

世界のあちこちに取引所ができ、自国の通貨といつでも交換できるようになれば、それだけビットコインの流通量も増えていくはずです。

しかし、ここで問題が出てきます。ここ最近のビットコインをはじめとした仮想通貨の加熱ぶりに目をつけた多くの法人や業者が、自社で「取引所」を作っており、様々な取引所が存在しています。

当然、しっかりしたところも多いのですが、数年前のFXの業者同様、詐欺に近い事をやっている業者もいるようです。ご自身で見極める必要性があることを前提に、以下の業者を掲載しておきます。

これらの業者を推奨しているわけではありません。

ありませんし、これらの取引所を使えば「必ず儲かる」わけでないことは付け加えせさて頂きます。

逆にそのように「必ず儲かる」と謳っているところは気をつけたほうがいいかもしれません。

以下は本日現在、大きな事故や問題がなく信用に値する業者です。

ビットコイン市場はここ最近加熱気味で様々な「取引所」も登場していますが、

まずは以下の取引所から徐々に広げていくことをおすすめします。

日本の主なビットコイン取引所

①取引手数料 ②レバレッジ取引 ③日本円入金方法 ④アルトコイン(ビットコイン以外)の取り扱い ⑤スマホアプリの有無
bit flyer 0.01-0.15% レバレッジ最大10倍 銀行振込
コンビニ入金
クレジットカード
イーサリアム iPhone
Android
bit bank 0-0.1% なし 銀行振込
クレジットカード
なし なし
BTC BOX 0.20% レバレッジ最大3倍 銀行振込 なし iPhone
Coin check 0%(期間限定) レバレッジ最大5倍 銀行振込
コンビニ入金/ペイジー入金
クレジットカード
イーサリアム
リスク
ファクトム
オーガー
リップル
iPhone
Android
Zaif 0.01-0.1% レバレッジ最大7.77倍 銀行振込
コンビニ入金/ペイジー入金
クレジットカード
モナコイン iPhone
Android

仮想通貨を購入するには?買い方と売り方を解説

ここでは、仮想通貨の買い方と売り方を解説していきます。

と、いっても、銀行口座の取引と基本は変わりません。

入金や出金があり、あとはコインの売り買いと受取です。やることは主に下記ですが、極めてシンプルなのでそれぞれの業者の公式サイトから手順通りに進めばスムーズです。

やることは大きく6つの操作に分けることができます。

「①入金する」と「②出金する」、「③コインを買う」と「④コインを売る」、「⑤コインを送る」と「⑥コインを受け取る」をセットで考えると、わかりやすいはずです。

アプリのスクリーンショットを掲載している第三者のサイトなどがありますが、

アプリのバージョンが古かったり情報そのものが古い場合がありますので、

一次情報である、公式サイトの情報をおすすめします。

特に入出金などはお金が絡むことですので、しっかりと正式手順を行うことが大事になってきます。

仮想通貨業者の売り方・買い方・操作方法などの公式情報

・bit flyer取引方法

https://bitflyer.jp/ja/faq/trade_bitcoin

・bit bank取引方法

https://www.bitbanktrade.jp/howto/deposit

・BTC BOX取引方法

https://www.btcbox.co.jp/help/jiaoyi

・Coin check取引方法

https://coincheck.com/faq/category/frequently-asked

・Zaif取引方法

https://corp.zaif.jp/beginner/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする