仮想通貨とは?わかりやすく仕組みを解説!稼ぎ方やメリットなど【2017年最新版】

ビットコイン、仮想通貨、暗号通貨。近年様々な名称でメディアを震わせているものがあります。

シンプルに表現すれば「新しい通貨」です。しかし、今までのお金に代わって、その通貨が代用される日が来ると誰が思っていたでしょうか。

現にビックカメラがビットコインでの支払いを始めたり、ビットコインで数億円儲けたという話題が上がっていますが、その実態はまだまだ解明できてないのが現状です。

このサイトではそのわかりにくい「通貨」をなるべく噛み砕いてご説明します。多くの著書、そして著者が「その通貨を使って利益を出したい」という人達のため、書籍を読み込んでも「ポジジョントーク」が多いのが現状です。

このサイトでは第三者の客観的な意見でその「通貨」を解明していきます。

仮想通貨とは何か?その仕組みをわかりやすく簡単に解説

まず、技術的側面からご説明します。ビットコインのネットワーク状況は以下のとおりです。

  • ネットワークには不特定多数のコンピュータが接続されている
  • それぞれのコンピュータはネットワークに接続しているときもあれば、切断しているときもある
  • それらを中央で管理している管理コンピュータはない
  • それぞれのコンピュータは、お互いに通信することはできる

今までのお金を例に上げると、お金は中央集権的な国家の存在が欠かせないものでした。

日本を例にするならば、「日本国が管理する日本円」です。

しかし、インターネット上に、まったく管理者など存在せずに、お金を作ることが可能だと示したものが、ブロックチェーンという技術が応用されて生まれたビットコインという仮想通貨です。

ビットコインという仮想通貨は、一言で言えばインターネットさえあれば、世界のどこでも使える電子マネーのことです。これまでの電子マネーと比べても、そして、これまでの通貨と比べても大きく異なる最大の特徴は、管理主体がいないということです。

法定通貨の場合、発行しているのは前述の通り中央銀行であり、金融政策を通じて法定通貨の発行量を管理しています。それにより、為替相場や物価をあるべき水準に合わせ調整しています。

これは見方を変えれば、「中央銀行が政策的に法定通貨の価値を調整することができる」と言うことです。

また、電子マネーも、発行を行う企業が存在します。その価値はもちろん発行企業が決めることが可能なのです。

一方でビットコインは「発行主体が存在しない」ので、すでに決められたプログラムに従って自動的に発行されています。 ビットコインは、ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムの仕組みの中で自動的に発行が行われています。

初期は、50BTCずつが毎回のブロック生成時に発行されていましたが、4年毎に半減期というものを向かえ、半減していきます。最終的には、2140年頃に発行上限の2100万BTCに達し、その後ビットコインは新規発行されません。

このように、ビットコインは発行主体が存在せずとも、自動的に発行されていく上に、発行量の調整も行われています。通貨価値を第三者(中央管理者)によって管理されることなく貨幣として機能しています。

法定通貨や電子マネーは、中央銀行の失策や発行企業の倒産などによって価値が下落、もしくは無に帰してしまいます。

しかし、ビットコインの場合は、通貨発行量などはすでに決められているため、ビットコイン自体の価値は、どれだけの人がそれを求めるかという需要のバランスによって成り立ちます。

また、ビットコイン自体がなくなることがあるかと言えば、ビットコインのブロックチェーンネットワークに参加しているノード(※ビットコイン・ネットワークに参加しているプログラム一つ一つのことです)が、すべて活動を停止しない限りはなくなりません。

仮にビットコインを無くそうと思うと、すべてのノードを同時に停止させるか、世界中の電力をカットするしかないでしょう。

仮想通貨をわかりやすく紹介した池上彰の動画

仮想通貨の稼ぎ方とは?ビジネスとしての可能性

最強の合法カジノで稼げるのは今だけかも!?

東京証券取引所などにつなぐだけのネット証券会社と違って、ビットコインの取引所は自分が証券会社でかつ市場です。

流動性があるかどうかがすべてなので、勝者総取りのビジネスであり、日本では1社か2社ぐらい、多くて3社ぐらいしか生き残らないと思われます。。

ビットフライヤーは勝者総取りビジネスの勝者になるべく、FXの手数料は無料にして出血大サービスをしている状況です。

ここでは日本の法律の兼ね合いもあり詳細は書けませんが、FXをやったことをある人であればこの意味がわかると思います。ビットコインFXは、いま考えうる、最強の合法カジノです。

ビットコインのメリット『送金』

ビットコインは簡単に国境を超えて送金も可能です。やりかたによっては匿名で送金も可能です。

また、買い物に関しても日本ではビックカメラなどが積極的に導入しています。外国人観光客が、為替の高い両替の手数料を支払うことなく、ビットコインで簡単に日本のビックカメラで買い物が可能です。

寄付などが気楽にできる「投げ銭」なども、ビットコインなら匿名でそれができてしまいます。必要なのは相手の公開鍵(=銀行の口座番号みたいなもの)で、海外への送金も簡単です。

例えば、インターネット上でオリジナルの音楽や写真を売りたいと考えます。サイトのサーバー契約などの詳細は省きますが、インターネット上での支払いを「ビットコイン」で支払ったらどうなるでしょうか?

仮にそれが「違法」のものの支払いであったとしてもビットコインに「匿名性」があれば一部の訳ありの人を含め使いたい人は増えるばかりではないでしょうか?

しかし、ここまでは各国の当局のかたも把握しています。ではなぜ、ビットコインがここまで盛り上がっているのでしょうか?

それは「革命を起こし、時代を作りたい人」以上に、「それを活用すればメリットが多い人」が多いからに他なりません。それは悪い人だけでなく「いい人のふり」をしている人かもしれません。

それゆえに、ビットコインには大きな可能性があると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする